« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月26日 (木)

葉月のお茶会

 暑い日が続く中、昨日はお友達のお家にお招きいただきました。
とても素敵な、テーブルコーディネイトと、
とても美味しい、コース料理をだしていただき、
おしゃべりをしながら、幸せ~な時間を過ごしました。

今日は今日でカフェに行き、またまた美味しいケーキとお茶で
のんび~り時間を過ごしてきました。

こうやって素敵な時間をもてると言う事は、私にとって
又、”頑張ろう!”ってみんなからエネルギーが頂けた気がして
本当に嬉しいことです。

こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。

8月もだんだん終わりに近づいてきましたね。

P1010745  いつも月末になってしまいます
今月は、”葉月のお茶会”です。

冷たいお抹茶です。

羊羹の中の、かぼちゃ、葉っぱ、かぶ。
何だか、可愛い~な~。


                                  

                                        P1010749
入れ方は・・・、
茶杓2杯を抹茶茶碗に入れ、少量のお湯で溶きます。

その上に、冷水を注ぎ茶せんで点てます。
最後に、氷を入れて出来上がり!

お子さんには、少しお砂糖を入れてあげると
飲みやすくなりますよ!


最近、茶せんを新しくかえましたが、久しぶりにお抹茶を
点てたので、綺麗に点てれませんでした。
ちょっと練習しないと!
やっぱり、お湯の方が上手くできるのかな~?

でも、冷たいお抹茶も美味しいので、是非お試し下さいね。

 


 アトリエアン 松田敦子(フラワークラフト作家)





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

アイリッシュハープ

 まだまだ暑い日が続きますね。
皆さんの体調は大丈夫でしょうか?

こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。
なかなか涼しくならず、、変化のない毎日なので、
映画を見に行きました。

「借りぐらしのアリエッティ」です。

P1010755_3 P1010756

今回の映画の主題歌は、セシル・コルベルさんが奏でる
アイリッシュハープとそのやわらかな歌声がとても素敵でした。
そして、ジブリのアニメは本当に繊細で、
時々絵とは思えないような描写に引き込まれていきました。

お薦めしますので、是非ご覧下さい。

実は、私もアイリッシュハープを習っています。
色々な方との出会いのお陰で。
なかなか上手になりませんが、なぜか音色に癒されなす。

ペダルではなく、レバーで半音を操作します。
 
P1010758 P1010757_3

アイリッシュハープは、オーケストラハープの様に大きくなく、
アイルランドの民族楽器です。
私は、その ”民族楽器” と言うのにひかれました。
最初、子どもが習っていて、何だか素敵で私も始めてしまいました。
「○○の手習い!」ですね(笑)

先生もとても素敵!で、先生の演奏を聞いていると
本当に癒されます~。

お花が忙しくなると、なかなか練習にいず・・・、
決して上手とは言えませんが・・・、
ず~っと(細々ですが)続けていきたいなぁ~と思っています。
まさに私のモットー ”継続は力なり!” です。
続けているお陰で、10曲位は引けるかな~。

何より良かったのは、自分の中の”いいな~”に出会えたことです。
皆さんも、どうぞ”いいな~”を探してみてくださいね。

私はのお花が、皆さんの”いいな~”になれるといいですが~。

 

 アトリエアン 松田敦子(フラワークラフト作家)





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

包み紙

 昨日に引き続き、こんにちは。
仙台では、今日も涼しく過ごしやすいです。
毎年お盆が過ぎると、こんな感じで秋がやって来ますが
今年はどうでしょうね~?

アトリエアン 松田敦子です。
今年の様に猛暑を過ごすと、気温が30度位になれば
何だか過ごしやすく感じられますね!

ちょっと涼しくなると嬉しくなって、出かけたり、何かを作ったり
お料理なんかも、頑張ろうとおもいますね。
たった2日ですが、私も色々なアイデアを考えていました。

以前作った木の実のアクセサリーのラッピングを
どのようにしようかな~ なんて。

昔から、包む作業は大好きだったので
その流れでラッピングも大好きですが・・・、
ただ包むだけでなく、作品を引き立てるラッピングは難しいです。
結局、考えてみましたが・・・、アイデアが出てきませんでした。

そこで、集めていた(捨てきれなかったの方が正確かな!)
包み紙を眺めて、遊んでしまいました(笑)

P1010531 P1010535

P1010536 P1010538

左上の紙はフランスのキャラメルの包み紙
右下の缶は、ドイツのチョコレートが入っていた缶
(母が、ドイツの空港で見つけてくれました)
後2つは、その中に入っていたチョコレートの包み紙と
板チョコの包み紙。

どれもこれも、流石!ヨーロッパって感じ!
私が捨てられない訳が解っていただけますよね!
包み紙一つもセンスが違いますね。

時々私はこやって、紙コレクションを眺めながら楽しんでいます。
(変な趣味ですが・・・(笑))

さあ~、今日こそはアイデアを考えないとね!!!

 


アトリエアン 松田敦子(フラワークラフト作家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

木の実 Ⅱ

 ブログも随分お休みしていました。この暑さで、何だか何も
手につかず・・・。今日は、久しぶりに暑さもゆるみ過ごしやすい
一日でした。

こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。皆さんお変わりございませんか。
この暑さで、夏バテされている方もいらっしゃったのでないでしょうか。

今日の仙台は湿度も無く27度と、久しぶりに過ごしやすかったです。
ず~っと30度以上の日が続いていたせいか、30度をきると、とても
過ごしやすく感じられました。
勝手なものですが、今日の様にちょっと涼しく秋風すら感じられると
秋のアレンジやリースが作りたくなります。

前回の続きで、木の実のアレンジを少し紹介しましょう。

P1010744
木の実のアレンジです。

どれも小さなアレンジですが
木の実に一つ一つワイヤリングしたり
ブリオンと言う装飾ワイヤーを巻いたり
細かい作業ですが、とても楽しいです。





P1010735_2 P1010740 P1010741

前回の木の実のアクセサリーに次いで、今回は木の実もアレンジです。

9月になって、そろそろ秋風を感じられる頃には
シックなものに魅力を感じます。
今は、まだちょっと早いですが・・・。

暑さはまだまだ今月いっぱいは続きそうですが、
少し、日が暮れるの早くなってきたと思いませんか?

季節は移り変わっているのですね~。
暑さにバテていた皆さんも、秋は少しづつやってきていますよ。
もう少し頑張ってくださいね~。

 アトリエアン 松田敦子(フラワークラフト作家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

仙台七夕

 

P1010732 P1010734

 こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。

仙台七夕もあっと言う間に終わってしまいました。
今年は、お天気にも日程にも恵まれて、凄い人でした。
例年、七夕の時期が一番暑いのですが、今年はかなり前から
猛暑だったので、余計に暑さを感じました!

仙台では、お盆を過ぎた頃から少しづつ秋の気配が感じられますが
今年の様な猛暑では、どうなることでしょうね~。


P1000607_2 P1000615_2 P1000659_2

仙台に来て、9年目のなりますが、前夜祭の花火は毎年
家から見いましたが、今年は初めて広瀬川の橋の上から見ました。
迫力が全然違い、感動!しました。

実際にまじかに見るって、本当に感動するものですね。

お花や、絵画や・・・と、もっともっと色々なものを見て感じて
私の中の引き出しをいくつも増やしていきたいものですね。

 

アトリエアン 松田敦子(フラワークラフト作家)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

スパークリングゼリー

暑い日が続く中、仙台もいよいよ七夕ムードになってきました。

こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。

最近は、お花以外のお話が続きますが、
今日は、我が家でよく作るぜーリーを紹介しましょう!

P1010722 スパークリングゼリーです。
炭酸ジュースとゼラチンを用意します。
ゼラチン1袋(大体250cc用です)に
ジュース300ccの目安です。
少しゆるゆる位が美味しいです。
ゼラチンの規定の量よりジュースが
多めが良いでしょう。



P1010724
炭酸を水で溶き、固まったらレンジで
溶かします。
少しづつ泡が消えないようにジュースを入れ
グラスに分けます。
あれば、ブルーベリーやラズベリーを入れる
後は、冷蔵庫で冷やす。
(ゆるい分固まるのに時間がかかります!)



P1010726 P1010727 P1010722_2

ジュースを市販の紅茶やレモンのジュースを
同じ要領でゆるゆるゼリーを作れば、色んなバリエーションが
楽しめます。 いただく前に、ミントを添えればカフェみたいで素敵!

炭酸ジュースがおススメなのは、ぜリーを食べたときに
口のなかで、シュワシュワ~っと炭酸が広がる感じがいいからです。

次の日になると、炭酸が抜けてしまうので、小さなお子さんには良いかも!

スプーン置きには、余ったミントを使ってみました。

もう一つ大切な事を、お教えしますね。

スプーンですが、金属の物では無く、是非、塗りの物を使ってみて下さい。
金属もスプーンは歯にカチカチとあたる感じがしますが、
塗りの物は、口当たりがとても優しく感じます。
もしおうちにあれば、 ”お客様ように” なんて思わないで
家族の為に、ご自分の為に使ってみて下さい。
ささやかですが、贅沢な感じがして気分も優雅になりますよ。

一度お試しください~。

 

アトリエアン 松田敦子(フラワークラフト作家)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

水出し煎茶

 とうとう8月になってしまいました。
こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。

仙台の8月と言えば、有名な”仙台七夕”です。
いつもは、仙台七夕の時期が一番暑いな~と思って過ごしていましたが、
今年は例年に無く、東北でもかなり暑いです。
(東京以西の方はもっと暑いのでしょうが・・・!)

ところで、前回お話していました”水出し煎茶”の作り方をお話しましょう。
名前の通りで、水でじっくりと出す煎茶です。


P1010707
まず、急須に茶葉大匙2杯(約10g)入れる

その上に、氷を覆うように置く

その上に水を急須いっぱいに注ぎ
15~20分位待ってグラスに注ぐ




私の急須は大体3人分位の大きさのものです(300cc位の容量の物)


P1010709
出来れば、水は日本の”○○の水”
として販売されている物か、
無ければ、一旦沸騰させて冷ました
物の方が、カルキが抜けて
日本茶に合います





後は、グラスに注げば出来上がりです。

これは、温度の低い水でじっくり時間をかけて出すことによって
苦味のあるカテキンが抽出されにくく、甘みを感じるテアニン
が抽出され、まろやかなお茶に仕上がる為です。
まろやかと言っても、煎茶なのでキリリとした味わいは有りますよ。

ペットボトルのお茶とは違い、しっかりとした味のお茶になりますので
是非、お試しくださいね。作りたては本当に美味しい~。

同じ方法で、茶葉を”ほうじ茶”にしたら香ばしい冷たいほうじ茶になります。
(ほうじ茶は煎茶より少し多めに、時間も30分位が良いでしょう)

今年のように暑い夏は、ついついジュースに手がいきがちですが、
後味のさっぱりした冷たい日本茶はオススメ!です。

和菓子も洋菓子にもお試し下さいね!

 アトリエアン 松田敦子フラワークラフト作家

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »