« 文月のお茶会 | トップページ | スパークリングゼリー »

2010年8月 2日 (月)

水出し煎茶

 とうとう8月になってしまいました。
こんにちは。アトリエアン 松田敦子です。

仙台の8月と言えば、有名な”仙台七夕”です。
いつもは、仙台七夕の時期が一番暑いな~と思って過ごしていましたが、
今年は例年に無く、東北でもかなり暑いです。
(東京以西の方はもっと暑いのでしょうが・・・!)

ところで、前回お話していました”水出し煎茶”の作り方をお話しましょう。
名前の通りで、水でじっくりと出す煎茶です。


P1010707
まず、急須に茶葉大匙2杯(約10g)入れる

その上に、氷を覆うように置く

その上に水を急須いっぱいに注ぎ
15~20分位待ってグラスに注ぐ




私の急須は大体3人分位の大きさのものです(300cc位の容量の物)


P1010709
出来れば、水は日本の”○○の水”
として販売されている物か、
無ければ、一旦沸騰させて冷ました
物の方が、カルキが抜けて
日本茶に合います





後は、グラスに注げば出来上がりです。

これは、温度の低い水でじっくり時間をかけて出すことによって
苦味のあるカテキンが抽出されにくく、甘みを感じるテアニン
が抽出され、まろやかなお茶に仕上がる為です。
まろやかと言っても、煎茶なのでキリリとした味わいは有りますよ。

ペットボトルのお茶とは違い、しっかりとした味のお茶になりますので
是非、お試しくださいね。作りたては本当に美味しい~。

同じ方法で、茶葉を”ほうじ茶”にしたら香ばしい冷たいほうじ茶になります。
(ほうじ茶は煎茶より少し多めに、時間も30分位が良いでしょう)

今年のように暑い夏は、ついついジュースに手がいきがちですが、
後味のさっぱりした冷たい日本茶はオススメ!です。

和菓子も洋菓子にもお試し下さいね!

 アトリエアン 松田敦子フラワークラフト作家

|

« 文月のお茶会 | トップページ | スパークリングゼリー »

日本茶インストラクター」カテゴリの記事

コメント

水出し煎茶って思ったより手軽にできるんですね
某飲料メーカーの懸賞品のような、特別な用具が要るのかと思っていました
チビがいるので、カフェイン飲料は飲めず、かつ麦茶が得意でない私は、専らほうじ茶を飲んでいたので、水出しほうじ茶やってみまーす

投稿: ひろかママ | 2010年8月 3日 (火) 08時21分

こんにちは〜

神戸は、体温並みの暑さで
昼間は、殺人的な暑さです・・・

水だし煎茶涼しそうですね〜

投稿: meimei | 2010年8月 2日 (月) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水出し煎茶:

« 文月のお茶会 | トップページ | スパークリングゼリー »